くらし情報『《平成芸能回顧録》中森明菜のトラウマ “金屏風事件” の代償』

2019年1月21日 17:00

《平成芸能回顧録》中森明菜のトラウマ “金屏風事件” の代償

4月30日で「平成」は幕を閉じ、5月1日から新元号へと変わる。結婚、離婚、不倫に訃報、自殺や事件にトラブルと、平成の30年間の芸能史を振り返ってみると、様々な出来事があった。平成の幕開けとともに芸能記者となった筆者が見てきた、芸能界の30年間の喜怒哀楽。第1回は「平成元年」。

《平成芸能回顧録》中森明菜のトラウマ “金屏風事件” の代償
近藤真彦中森明菜。平成元年の大晦日に開かれた会見は“金屏風事件”と呼ばれることに平成元年
平成元年が始まったのは1989年1月8日からだった。

国内では初となる消費税、税率3%が施行されたのはこの年から。任天堂が『ゲームボーイ』を発売し、大ヒット。NHKはBS衛星第1・第2テレビの本放送を開始した。

ファッションでは“渋カジ”やラルフローレンが大人気で、小説『TUGUMI』で作家の吉本ばなながブレイクし、村上春樹の『ノルウェイの森』も大ヒットする、小説の当たり年でもあった。

そんな中、国民的漫画家・手塚治虫が死去。美空ひばりもこの世を去った年でもある。

まだバブル景気がピークを迎えたこの年の芸能界で、一番の話題といえばこの2人の動向だったことは間違いないだろう。

平成元年の7月11日、中森明菜(当時23歳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.