くらし情報『『下町ロケット』の役とは真逆? 阿部寛・吉川晃司の対照的すぎる私生活』

2019年1月26日 14:00

『下町ロケット』の役とは真逆? 阿部寛・吉川晃司の対照的すぎる私生活

『下町ロケット』の役とは真逆? 阿部寛・吉川晃司の対照的すぎる私生活
(左から)吉川晃司、阿部寛
「すれ違っても挨拶をしませんし、目も合わせてくれません。マスクや帽子で顔を隠して、オドオドしているようにも見えますね。ドラマの役柄とは大違いですよ……」

都内にある高級マンションの近隣住民がそう声をひそめるのは阿部寛のことだ。日曜劇場『下町ロケット』(TBS系)の“佃社長”のイメージとはまったく違うという。

「同作は池井戸潤原作で、’15年10月にドラマ化。18・5%という高視聴率を受けて、昨年10月から続編が放送されました。宇宙科学研究開発機構の元研究員が中小企業『佃製作所』の社長となり、社員たちとロケット作りの夢を追いかける物語です。

阿部さんは主演の佃航平社長役で、大企業に臆せず立ち向かいながら、ときに人間くさい弱さも見せる男を好演。阿部さんのほか、安田顕さんや立川談春さん、竹内涼真さん、土屋太鳳さんなど、豪華なキャストが出演しましたよ」(テレビ誌ライター)

社員にアツく語る阿部の熱演に魅了された人は多いが、私生活では違うらしい。

■コソコソしても逆に目立つ

「プライベートをあまり語りませんが、阿部さんは’08年2月に15歳年下の一般女性と結婚し、’11年6月に長女が、翌年11月に次女が誕生しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.