くらし情報『ナゴヤドームの夢舞台は大成功! ボイメン、名古屋の町おこしお兄さんから世界へ』

2019年1月24日 19:00

ナゴヤドームの夢舞台は大成功! ボイメン、名古屋の町おこしお兄さんから世界へ

ナゴヤドームの夢舞台は大成功! ボイメン、名古屋の町おこしお兄さんから世界へ
BOYSANDMEN撮影/齋藤周造
「今日の思い出は忘れられない、一生ものだよね!」(本田剛文)

本誌『週刊女性』でもおなじみのエンターテイメント集団・ボイメンことBOYS AND MENが、1月14日にデビュー以来の目標であるナゴヤドーム単独ライブ(「ボイメン夢まつり~ツッパリ町おこしお兄さん最強烈伝~」)を開催。約2万2000人の観客を前に、夢舞台を大成功させた。

開演前、円陣を組んだメンバーの姿がステージ脇のモニターに映し出されると、ドームの客席は黄色い声援の嵐に。ところが1曲目の『炎・天下奪取』で、なぜか裸になって桶ダンスを披露し始める彼ら。曲が途中で止まり、モニターには和田アキ子の姿が。

「お前ら、ちゃんとやれ!」

昨年、BOYS AND MEN研究生と共演した和田から一喝され、舞台から逃げ去るメンバー。そんな“出オチ”で笑わせるのもボイメンならでは。

仕切り直しで(?)登場したのは、辻本達規が率いる和太鼓集団。このライブを盛り上げるために作られた楽曲『男気・夢・音頭』で、会場のお祭りモードはグッと盛り上がった。

グループ内ユニットの競演では、「Yankee5」がアリーナの花道で、旗を掲げながらバリバリのヤンキーのごとくチャリで走り回る姿は、水を得た魚のよう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.