くらし情報『「これ、本当にダンボール!?」古紙ダンボールから“新たな命”を生み出す造形作家』

2019年1月25日 12:00

「これ、本当にダンボール!?」古紙ダンボールから“新たな命”を生み出す造形作家

「これ、本当にダンボール!?」古紙ダンボールから“新たな命”を生み出す造形作家
幅2メートル近くあるゾウの顔は大迫力!撮影/山田智絵
「これ、本当にダンボール!?」

初めて見る人はみな驚き、そして足を止める──。ライオン、ゾウ、カメ……など、今にも動き出しそうなほどリアルで、何か言いたげな表情を浮かべる動物たち。これらすべてダンボールで作られているというから驚きだ。

「骨組みから肉づけ、皮膚などすべてダンボールでできています。ダンボールで作ったものは劣化していくから、生きていて呼吸しているようでいいなと。生と死という流れのある動物や植物を作ったら面白いのではと思ったんです」

そう話すのは、「新たな再生」をテーマに古紙ダンボールを生命の形に甦(よみがえ)らせる、造形作家の玉田多紀さん。普通ならゴミとなってしまうダンボールも、彼女の手にかかれば魂が吹き込まれ、“生きもの”となって再び命が宿される。

「面白いのは1度作ったものをバラバラに解体して、またイチから別の生きものを作れること。作品の一部を、ほかの作品に生かすこともあります。例えば、ゲソが恐竜のツノとして使われたり(笑)。ダンボールを作品として再生させ、さらに別の作品へと再生していく。それがこのアートの面白いところだと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.