くらし情報『羽賀研二「なんでこんな男を信じてしまう?」女性記者もオトされた悩殺テクの正体』

2019年1月25日 21:20

羽賀研二「なんでこんな男を信じてしまう?」女性記者もオトされた悩殺テクの正体

羽賀研二「なんでこんな男を信じてしまう?」女性記者もオトされた悩殺テクの正体
羽賀研二
服役中の羽賀研二受刑者と元妻、當眞麻由容疑者がそろって逮捕された。「強制執行妨害などの容疑」ということだが、簡単に言うと、

知人への詐欺行為などで、3億9000万円の支払いを命じる判決を受けた羽賀が、判決が出た直後に妻と離婚。所有不動産の権利を妻に移譲していた。つまり、被害者への賠償に充てられるはずの資産を隠したという疑いがあるのだ。

負債を背負った夫が、妻に被害が及ばないように離婚することはままあることだが、返済できる資産があるにもかかわらず、それを隠すというのは悪質だ。

梅宮辰夫が“稀代のワル”と称した男は、それくらいの悪知恵を働かすことは朝飯前だったのろう。

■どうしてこんな男を信じてしまうのか

森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)の初代『いいとも青年隊』のメンバーだった羽賀だが、一躍有名になったのは、梅宮アンナとの交際が発覚したからだった。いや、正確に述べるなら交際が“発覚した”というよりは“公開した”の方が正しいかもしれない。いまから四半世紀ほど前のことだ。

ワイドショーでは連日のように報じられ、仲睦まじい様子を、恥じらいもなくさらけ出すふたりに、与えられた称号が“バカップル”だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.