くらし情報『羽賀研二「なんでこんな男を信じてしまう?」女性記者もオトされた悩殺テクの正体』

2019年1月25日 21:20

羽賀研二「なんでこんな男を信じてしまう?」女性記者もオトされた悩殺テクの正体

私がアンナに取材したときも「彼はみんなが言うような人じゃないです。私は騙されてなんかいませんよ」と語っていた。

そしてこれは、羽賀を取材したときの話。

彼がアンナ名義で購入した高級外車を乗り回しているということで取材に行くと、早速その車を発見。張り込んでいたら、なんと向こうからから声をかけてきたのである。

「車の名義はアンナですが、お金は自分が支払っています。収入だって、なんやかんやで1億近くありますから、すべて“誠意”をもってやっています。僕を信じてくださいよ!」

と、私の手を握り、目をしっかりと見つめて、熱く語ったのである。確かにいい香りがした。その上、

「何かあったら、電話してください」

と、携帯電話の番号まで教えてくれたのには驚いた。さすが“誠意大将軍”と名乗っただけの男だ。

若い女性記者を籠絡することなんてそれほど難しいことではなかったろう。

結局、塀の中に送られてしまったが、彼の名が芸能界の黒歴史に深く刻まれたのは間違いない。

<芸能ジャーナリスト・佐々木博之
◎元フライデー記者。現在も週刊誌等で取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.