くらし情報『木村佳乃の「美しさ」が邪魔、“屈折感” が足りない『後妻業』に勝算はあるのか』

2019年1月29日 17:00

木村佳乃の「美しさ」が邪魔、“屈折感” が足りない『後妻業』に勝算はあるのか

でも、佳乃と多江の「なれあいの女優キャットファイト」になるのだとしたら、うーん、それはちょっと違う、と思うのだ。せっかく興味深い題材なのに、「2大女優対決」みたいな煽りばかりが取り沙汰されるのはもったいない。

だいたい、毎クールのドラマが始まったころ、各メディアが取り上げるのは「主演俳優がいかに若くて美しいか!」の記事である。

SNSで話題、みたいな煽りがくっついているけれど、それ、決して褒め言葉じゃないからね。ドラマ自体は微妙、主演俳優の外見以外には驚きも面白みも魅力もないという、最大級のイヤミだからね。

もうひとつ、いやな予感がするのは、佳乃の過去の描き方だ。夫の借金のカタに、風俗に沈められた経験をもつ佳乃。もともとは不幸で不運でかわいそうな女……なんて同情を集めてほしくない。

もう突き抜けてサイコパス、共感しがたい外道をどんと貫いてほしい。罪悪感も、良心の欠片(かけら)も、一切不要。ほっそい身体に極彩色の服と毛皮を身にまとい、ほっそいピンヒールでがっつがつ走って、高笑いしながら逃げてほしい。

さて、このポップでコミカルなキャットファイトドラマに勝算はあるのか。

多江は多江で、この後、なにやらいろいろと背負わされそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.