くらし情報『《がんの最新情報を徹底研究》 発症率第1位の都道府県からいちばんの予防法まで解説!』

2019年2月1日 08:00

《がんの最新情報を徹底研究》 発症率第1位の都道府県からいちばんの予防法まで解説!

《がんの最新情報を徹底研究》 発症率第1位の都道府県からいちばんの予防法まで解説!
※写真はイメージです
いま、日本でいちばん多い国民病と聞いて、あなたは何を想像するだろうか?

厚生労働省が2017年に発表した国民健康基礎調査では、自覚症状を訴える人が多い病気のトップは男性が腰痛、女性は肩こりです。どちらも老化現象のひとつで、それだけ長生きする人が増えたということ」

そう指摘するのは、医学ジャーナリストで東京通信大学准教授の植田美津恵先生。通院患者を対象にした別の調査では、男女ともに高血圧が1位だった。これも、高齢化との関わりが深いといわれている。

■死亡率の高さでがんの右に出るものはない

「死亡率の高さでいえば、現代日本の国民病は、死因1位であるがんを置いてほかにないでしょう。2位の心疾患、4位の脳卒中も、その代表格といえます」(植田先生、以下同)

病は時代や社会を反映している。時代や社会が変われば、国民病の中身や成り立ちもまた変わる。例えば戦前には、結核と脚気が2大国民病と呼ばれていた時代があった。

「結核は結核菌でうつる感染症です。衛生状態が悪く抗生物質もなかったことから広がりました。また、当時は栄養学が確立しておらず、白米ばかりの偏った食事をしていたためビタミンB1不足に陥り、脚気が蔓延したのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.