くらし情報『《認知症》服薬による“神経再生”で脳波が正常に! 老化研究の権威もすすめる最新治療とは』

2019年2月3日 16:00

《認知症》服薬による“神経再生”で脳波が正常に! 老化研究の権威もすすめる最新治療とは

《認知症》服薬による“神経再生”で脳波が正常に! 老化研究の権威もすすめる最新治療とは
※写真はイメージです
高齢化の道をひた走る日本社会。認知症の患者数も増え続け、’14年には65歳以上の7人に1人の割合に。’25年には700万人に達すると予測されるほどだ。

■アルツハイマー病は治せる

長寿と認知症研究の専門家である白澤卓二先生が解説する。

認知症で最も多いのがアルツハイマー型で、全体の6~7割を占めています。それから脳の血管障害で起きる脳血管性認知症が2割ほど。ほかにも幻視が特徴のレビー小体型など、さまざまな種類があります」

これまで認知症は、はっきりとした原因がわからず、効果的な治療法も確立していないと言われてきた。現に、もの忘れ外来などで出されているアルツハイマー病の処方薬には、《認知症の進行を抑制するという成績は得られていない》《本剤の有効性は確認されていない》といった趣旨の注意書きが記されている。

ところが、白澤先生は、「アルツハイマー病は、いまでは治せる病気になりました」と断言する。

「画期的な治療法が登場したことが大きい。アルツハイマー治療の世界的権威であるアメリカのデール・ブレデセン博士が開発した『リコード法』です」

その特徴はアルツハイマー病が起こる背景に着目し、原因を突き止めた点にある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.