くらし情報『山口紗弥加「命にかかわるから絶対にダメ」事務所NGが出たけどやりたいこと』

2019年2月2日 16:00

山口紗弥加「命にかかわるから絶対にダメ」事務所NGが出たけどやりたいこと

山口紗弥加「命にかかわるから絶対にダメ」事務所NGが出たけどやりたいこと
山口紗弥加撮影/伊藤和幸
昨秋、芸歴24年で初の連ドラ主演を飾った山口紗弥加(38)が、『絶対正義』(フジテレビ系)で再び主役に!

■人の数だけ正義はある

「最初の主演のお話の100倍ぐらい、“まさか!”でした(笑)。でも今回は5人の女性の群像劇なので、私はひとつの役割にしかすぎません」

連ドラ主演を経験したことで、「肝がすわった」と笑う。

「主演になると、代表として戦うべき大事な場面があることを知りました。自分以外の誰か、何かを守るという責任が、大きな力を生むことも。精神的にも肉体的にもハードでしたが、これ以上、大変なことはないな、と思うと怖いものはなくなりました(笑)」

今回演じるのは、法をもとに白黒つけたがる正義感が強すぎるヒロイン。

「私自身は映画なんかでも、どちらとも取れるような結末が好きです。だから個人的には今回演じる範子は、まったく共感できない(笑)。

状態や状況で見えるもの、守るべきものは変わるし、正しい答えなんてないと思っていて。答えはいくつあってもいいし、人の数だけ正義はあると思っています」

母親の死がトラウマとなり、正義を追求する役だが、彼女自身もトラウマに近い出来事があったとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.