くらし情報『嵐の「活動休止」が公表までに半年もかかってしまった切実な理由』

2019年2月4日 17:00

嵐の「活動休止」が公表までに半年もかかってしまった切実な理由

嵐の「活動休止」が公表までに半年もかかってしまった切実な理由
活動休止会見を開いた嵐の5人
「僕たち嵐はたくさんの話し合いを重ね、’20年12月31日をもって嵐としての活動を休止させていただくことになりました」

1月27日、大野智が口火を切る形で発表された衝撃“告白”で日本中が揺れている。

「’14年9月ごろから、大野さんが芸能界を離れたいと考えるように。’17年6月16日に、彼がほかの4人に“自由な生活をしたい”と相談。彼はケジメとしてジャニーズ事務所を辞める覚悟でした」(スポーツ紙記者)

嵐の活動休止を事前に知っていたのは、ジャニーズ事務所内でもごくわずかだった。

ジャニー喜多川社長をはじめとした会社の上層部と、嵐を管轄するマネージメント部のトップ、チーフマネージャーだけで話を進めていたようです。現場のマネージャーたちでさえ知らなかった。

ジャニーズ事務所はトップから現場までガバナンスが徹底していますからね」(同・スポーツ紙記者)

それでも、限られた取引先には事前に報告をしていた。

「1月25日の夜に、嵐がCMに出演しているスポンサーの責任者にだけ伝えたそうです。広告代理店などには報告はしなかった。活動休止まで2年という猶予があるので、対応は可能だろうという判断です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.