くらし情報『錦戸亮が月9撮影現場で見せた“乙女すぎる”一面と、船越英一郎に吹き出した瞬間』

2019年2月7日 16:00

錦戸亮が月9撮影現場で見せた“乙女すぎる”一面と、船越英一郎に吹き出した瞬間

錦戸亮が月9撮影現場で見せた“乙女すぎる”一面と、船越英一郎に吹き出した瞬間
『トレース』の制作発表会見に登壇した、左から船越英一郎錦戸亮新木優子。全員で“トレースポーズ”を決めての撮影となった
「錦戸さんは出演者顔見せのとき思わず、“このタイトル、大丈夫ですか?”と聞いていました」(制作会社関係者)

『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)は、元科捜研の研究員という作者の漫画を基にした本格サスペンスドラマ。錦戸亮演じる真野礼二が、現場に残された痕跡を鑑定し、事件の真実を導き出すストーリーとなっている。

「当初は『科捜研の男』というタイトルで進めていたみたいなんですが、“あまりにもそのまますぎる”ということで、『トレース』を付け加えたそうです」(同・制作会社関係者)

■座長錦戸、気合いじゅうぶん!

錦戸は今回が月9初主演。そのため、演技に対する姿勢は真剣そのものだという。

「錦戸さんはセリフをきちんと自分の中に落とし込むため、台本の言葉を一部変える提案をしていました。また、撮影が始まるギリギリまで動作の確認を行ったり、そうとう熱を入れて撮影に臨んでいます」(フジテレビ関係者)

座長として、現場を積極的に盛り上げる努力も怠らない。

「ゴミ袋だらけのセットで撮影が行われたんですが、セットに入るとき“これはイバラの道やな”と言いながらスタッフを笑わせていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.