くらし情報『髪型にも注目、後半で明らかになっていく“アタル”のバックグラウンド』

2019年2月7日 12:00

髪型にも注目、後半で明らかになっていく“アタル”のバックグラウンド

髪型にも注目、後半で明らかになっていく“アタル”のバックグラウンド
木曜ドラマ『ハケン占い師アタル』(c)テレビ朝日特殊能力を持つ派遣社員が、さまざまなトラブルを抱えた職場の人間たちを占いでお悩み解決するお仕事ドラマ。人気脚本家の遊川和彦氏が手がけたオリジナル作品で、遊川氏は連ドラの演出に初挑戦。その撮影現場の舞台裏とは─。■熱烈オファーで連ドラを初監督

異色のお仕事ドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系木曜夜9時~)が好調だ。

主人公の的場中(アタル)を演じるのは杉咲花。生まれて初めての仕事に張り切る派遣社員のアタルだが、目が合った人の悩みや心の原風景などが見えてしまう特殊能力がある。その力を駆使して、同じ職場で働く社員の悩みに向き合い、解決へと導いていく。

脚本は、『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』などの人気作を手がけた遊川和彦のオリジナル。さらに遊川は本作で連続ドラマの初監督も務めている。

「ご自分の作品や登場人物にこだわり、愛情を注がれている遊川さんは、撮影現場にもよく足を運ばれている脚本家。今回は満を持して、プロデューサーである僕からオファーさせてもらいました。

映画(『恋妻家宮本』)の監督経験はありますが、連ドラの監督は夢だったと言ってくださり、ようやく実現しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.