くらし情報『氷川きよし、20周年に突入! 新たなステージへ「今は人生を歌いたい」』

2019年2月8日 11:00

氷川きよし、20周年に突入! 新たなステージへ「今は人生を歌いたい」

氷川きよし、20周年に突入! 新たなステージへ「今は人生を歌いたい」
氷川きよし撮影/廣瀬靖
2000年2月2日。ひとりの若き青年がデビューした。従来の演歌歌手像を覆す、茶髪にピアス、そしてイケメン。その歌声と笑顔は多くの人の心をつかみ、一気にスターダムに。演歌界のトップをひた走り続け、いよいよデビュー20周年というメモリアルイヤーに突入した。

世界各地で開催されたミレニアムカウントダウンが落ち着きを見せたころ。“平成の股旅野郎”というキャッチフレーズをひっさげ、氷川きよし(41)は演歌界にキラ星のごとく現れた。

デビュー曲『箱根八里の半次郎』は160万枚超えの大ヒット。日本レコード大賞や日本有線大賞などの大きな賞を手中に収め、『NHK紅白歌合戦』にはデビュー以来19年連続出場を続けている。競争や浮き沈みの激しい芸能界でデビューできるのは、ほんのひと握り。その後、デビュー20周年を迎えられる人間がどれだけいるだろう。この記念すべきタイミングに、きよしくんが語ってくれた、あのころ、現在、そしてこれから。

■感謝の20周年にしたい

「振り返ってみると、どこの誰かもわからないひとりの青年が福岡から東京に出てきて、いろんな方の力で“氷川きよし”を作ってもらったんだなと感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.