くらし情報『嵐が「ファンを納得させつつダメージ最少で結婚」を叶えられる“わずかな道”』

2019年2月6日 16:30

嵐が「ファンを納得させつつダメージ最少で結婚」を叶えられる“わずかな道”

嵐が「ファンを納得させつつダメージ最少で結婚」を叶えられる“わずかな道”
二宮和也
嵐の活動休止は、大野智の“自由になりたい”というアイドルでなくても、誰でも1度は口に出したことがある欲求が発端だった。彼はいったい、どんな自由を求めていたのか。複数の週刊誌が書いているが、大野が本格的にアイドルを辞めたいと思い始めたきっかけは、ある熱愛報道だったという。’15年9月、10歳年下の元女優との交際を『FRIDAY』で報じられた大野は、直後に会見を開き、謝罪。女性とは2度と会わないとまで宣言。いや、正確には宣言させられたのだろう。

「30歳を過ぎた大人が、女性と交際したくらいで、何で謝罪しなきゃならないんだ!」

彼のそんな叫び声が聞こえてくるようだが、アイドルというのは、そうはいかないのが現実。恋愛もそうだが、その先にある結婚に関しては、もっともっと不自由だと言わざるをえない。昔からアイドルである以上、結婚はタブーとされてきた。なぜなら、結婚すると極端に人気が落ちるから。なかには“それでもかまわない”という人もいるだろうが、たいていは所属事務所も本人たちも、人気の下落を危惧して、そうやすやすと結婚には踏み切れない。

■ファン離れと“集客”

人気の下落とは、つまりファンが離れていくということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.