くらし情報『『婚活こじらせ組』を反面教師に!自ら幸運を逃しがちなオンナの特徴』

2019年2月9日 21:00

『婚活こじらせ組』を反面教師に!自ら幸運を逃しがちなオンナの特徴

婚活をこじらせているのは、どんなタイプだと思いますか?婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、様々なテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『婚活こじらせ組について考える!』です。

『婚活こじらせ組』を反面教師に!自ら幸運を逃しがちなオンナの特徴
婚活こじらせ組を反面教師に(写真はイメージです)■男性の職業が教員、血液型B型がNGな理由

真知子さん(34歳、仮名)は、以前、大手の結婚相談所で出会い、おつきあいをしていた祐也さん(37歳、仮名)からプロポーズをされ、婚約をしました。ところが、それから数週間後、その話は破談になりました。祐也さんが、「結婚は取りやめにしたい」と言ってきたからです。

理由は、親御さんの反対でした。祐也さんのご実家は、先祖代々の旧家で地元の名士。ご両親ともに名の通った大学を卒業されていました。祐也さんも有名私立大学を卒業後、公務員として働いていました。

「向こうの親御さんは、私の親の学歴が気に入らなかったみたいです。北海道出身の父は中学を卒業してから上京し、車の下請け工場に就職をして、18の時に同い歳の母と知り合い結婚したんです。父は、お酒もタバコもやらない。コツコツと働いて貯蓄して、私と弟を大学まで出してくれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.