くらし情報『木村拓哉の急激な老け込みのワケを高須院長が分析!』

2019年2月9日 12:00

木村拓哉の急激な老け込みのワケを高須院長が分析!

木村拓哉の急激な老け込みのワケを高須院長が分析!
木村拓哉
長い間、テレビドラマでも雑誌でも、「イケメンといえばキムタク」という、木村拓哉一人勝ちの時代があった。

そんなキムタクも今年11月で47歳。最近は娘でモデルのKoki,(15)の登場でパパ感がクローズアップされているが、それと同時に外見の評価がガタガタと落ちている。

顔のたるみやシワによる“ブルドッグフェイス”化が指摘されている以外にも、先日、木村がテレビ出演した際、髪色がまだらに染まっているように見えた視聴者から、「白髪染めが失敗してる!?」と声が上がり、ネットニュースにもなった。

いくらスーパーイケメンといえども寄る年波には勝てないのか?急激な老け込みの原因について美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長に話を聞いた。

――イケメンの名を欲しいままにしてきた木村拓哉さんも、もう46歳なんですね。やはり年相応に老けてきた印象でしょうか?(と、20代・30代・40代の木村の写真を見せる)

高須「老けたか、と言われれば、ハリ・シミ・シワ・たるみと肌年齢は相応に重ねたでしょう。でもこれでいいんじゃないかな?アラフィフでこんな素敵に年を取ったジャニーズがいる、それは後輩にも励みになるし」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.