くらし情報『『ナチュラルローソン』人気拡大中、“お高め”ながらも女子ウケする秘密とは』

2019年2月16日 11:00

『ナチュラルローソン』人気拡大中、“お高め”ながらも女子ウケする秘密とは

『ナチュラルローソン』人気拡大中、“お高め”ながらも女子ウケする秘密とは
木目調のナチュラルモダンな店内は居心地がよく、客の滞在時間は他店よりも長いそう
コンビニ業界は成長を続け、もはや飽和状態。生き残りをかけた戦いはますます激しくなっている。

そんな中、独自の品ぞろえやサービスなど、他店にはない特徴を打ち出した業態も相次いで登場。新たな顧客の獲得にも成功している。

そのうちのひとつが、美や健康などをテーマにした商品をそろえ、首都圏で140店舗を展開している『ナチュラルローソン』だ。

ローソンよりも価格帯が高めでありながら、自然志向を好む女性を中心に根強い支持を得ている。

■新事業コンペから生まれた

「1号店がオープンしたのは2001年。きっかけは、ローソンの社内で新事業を募集する社内ベンチャーでした」

こう教えてくれたのは、ナチュラルローソン商品部の鮎川美保さん。

2000年ごろのコンビニ商品は、いまのように健康を意識したものは多くなかった。そんな中、体調を崩してしまった妻がいるひとりの男性社員が「家族が安心して食べられる商品が身近にあったら」と考え、生まれたのがナチュラルローソンだという。

「新事業の計画を募って社内で投票をした際に、ナチュラルローソンが1位だったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.