くらし情報『貴乃花×宮沢りえ対談は実現不可能? 「激ヤセ事件」が変えた“りえの生き方”』

2019年2月18日 11:00

貴乃花×宮沢りえ対談は実現不可能? 「激ヤセ事件」が変えた“りえの生き方”

貴乃花×宮沢りえ対談は実現不可能? 「激ヤセ事件」が変えた“りえの生き方”
ふたりの対談、実現の可能性は──?
角界を去ってまもなく半年になろうとするが、花田光司氏(元貴乃花親方)の周辺は、いまだに騒がしい。それだけ注目されているのだろう。

その要因のひとつに、現役復帰がウワサされている元妻・河野景子や、とにかく叩かれ続けている長男・花田優一など、彼を取り巻く個性豊かな人物たちとのかかわりにある。もちろん因縁の深い兄・花田虎上氏と母親の花田憲子氏もだ。

誰しも考えることは同じというか、マスコミは光司氏と彼らをなんとか共演させようと、あの手この手で双方を口説いているようだ。

そしてついに、あの女優の登場だ。

■「横綱がよろしければ」は本当か

貴乃花時代の最大の“スキャンダル”と言っても過言ではないあの騒動。

’92年11月のことである。当時、人気絶頂だった宮沢りえと突然婚約を発表した。しかし、わずか2か月後、いとも簡単に破局してしまったのだ。

あれから四半世紀がたった。

発売中の『FLASH』(2月26日号)の報道によれば、某テレビ局のプロデューサーが、ふたりの対談を企画し、双方の事務所に接触したという。

同プロデューサーによると、宮沢の事務所は「横綱がよろしければ……」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.