くらし情報『倉本聰、がん治療の八千草薫が降板で “富良野から駆けつけた” 最終収録日』

2019年2月28日 06:00

倉本聰、がん治療の八千草薫が降板で “富良野から駆けつけた” 最終収録日

倉本聰、がん治療の八千草薫が降板で “富良野から駆けつけた” 最終収録日
(左から)八千草薫倉本聰
「一昨年の年末に、すい臓にがんが見つかり……今年に入りまして肝臓にも……」

2月9日、八千草薫が、がん闘病を告白。4月放送開始の『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)を降板し、治療に専念するという。

倉本聰による脚本で’17年に放送された『やすらぎの郷』の続編です。前作は石坂浩二が演じる脚本家が老人ホーム『やすらぎの郷』へ入居するところから始まる物語で、浅丘ルリ子加賀まりこなど豪華キャストが話題になりました。今回は彼らのその後が描かれるとともに、脚本家が執筆するシナリオ“道”が劇中劇として同時進行します」(テレビ誌ライター)

八千草の演じた、主人公の脚本家にとっての憧れの女優・九条摂子という役は、前作で亡くなったことになっていた。だが、倉本は上智大学教授の碓井広義氏のインタビュー取材に“このドラマには彼女が必要だ”と語っている。

九条摂子を殺しちゃったのは誤算でした。まさか続編を作るなんて思いもしなかったですから。八千草さんは『やすらぎ』の象徴ですから。新作にもいてくれないと困ってしまう。でも、こちらの都合で生き返らせるわけにはいかない。それで、九条摂子を脳内ドラマのヒロインにしようという発想をしたんです》

■八千草の収録最終日に……

倉本が八千草と初めて仕事をしたのは、’71年放送の東芝日曜劇場『おりょう』(TBS系)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.