くらし情報『斎藤洋介、オレオレ詐欺被害に遭っていた! 騙された経緯を告白』

2019年3月4日 17:45

斎藤洋介、オレオレ詐欺被害に遭っていた! 騙された経緯を告白

その後すぐ《新宿遺失物預かりのハシモト》と名乗る男から電話があり、公的機関の職員を思わせる役職のその男と話すことでケータイを紛失した問題は解決。すると改めて“オレ”から連絡が入る。斎藤は当時を次のように語る。

「“未成年の女性を妊娠させてしまって、慰謝料を支払わなければならない”と。僕も電話を代わって話を聞いたんですが、電話の主が息子だと信じてしまったんですね」

まず、息子から非通知の電話という不審を第三者の登場で取り除き、その後、再び連絡をして金をせびるという、順を追った手の込んだ手口。

最初に貸してくれと言われた金額は500万円だった。

「そんなお金、今すぐ用意できるわけないだろう」

そう斎藤が言うと、男は徐々に金額を下げていき、最終的に100万円に。「お金は代理で弁護士が受け取りに行く」と言われ、電話は切れた。

その日、妻と2人で銀行に行き、100万円を引き出すと、妻がそのお金を持って、犯人が指定した場所に赴いた。

お金を引き出すにあたって、
「まとまったお金は銀行の窓口だと、銀行員に使い道を聞かれて下ろせない」

と、男はATMで引き出すように示唆したが、妻は、「その金額ならATMで大丈夫よ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.