くらし情報『斎藤工の食べっぷりに見惚れる! 異文化が融合した絶品「ラーメン・テー」とは』

2019年3月8日 11:00

斎藤工の食べっぷりに見惚れる! 異文化が融合した絶品「ラーメン・テー」とは

いざ、会場となる銀座の「PLUS TOKYO」へ向かった。

洗練されたおしゃれなイベント会場に足を踏み入れると、無機質な折りたたみイスの記者席……ではなくゆったりくつろげるソファとテーブルが。ふかふかのソファに腰を下ろすと、イベントがスタート。主演の斎藤さんをはじめ、エリック・クー監督、斎藤さんの母を演じたシンガポールを代表する女優のジネット・アウさん、そして主題歌を担当したシシド・カフカさんが登場した。

「本日はキュリナリーという、日本では新しい映画の味わい方のイベントにお越しくださりありがとうございます。楽しい時間を過ごしましょう」という斎藤さんの挨拶にワクワク感が高まる。

本作は日本とシンガポールの外交樹立50周年を記念して作られた合作映画で、撮影は群馬県高崎市とシンガポールで行われた。シンガポール人のクー監督が、2つの国の共通点は「料理の素晴らしさ」だと感じ、それぞれの国のソウルフードを組み合わせる案を思いついたことがきっかけだったという。

■いざ、実食!

まずは登壇者4人のもとに「ラーメン・テー」が運ばれる。少し緊張した面持ちだった4人の表情が一気に緩む。食の力は偉大だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.