くらし情報『竹内結子「交際がいっさい発覚しなかった」ワケと“結婚を決めた日”』

2019年3月4日 21:00

竹内結子「交際がいっさい発覚しなかった」ワケと“結婚を決めた日”

竹内結子「交際がいっさい発覚しなかった」ワケと“結婚を決めた日”
竹内結子
竹内結子が同じ事務所に所属する後輩俳優と結婚した。

お相手は4歳年下の中林大樹。ふたりの出会いは、’09年に公開された映画『ジェネラル・ルージュの凱旋』での共演だった。

竹内といえば’05年に映画『いま、会いにゆきます』で共演した中村獅童と結婚、同年11月に長男を出産した。いわゆる“授かり婚”だったが、獅童との出会いも映画共演だ。

この結婚は“疑似恋愛”が“リアル恋愛”に発展したわかりやすい事例として、芸能マスコミのあいだで、語り継がれるようになった。

しかし、当時、ふたりの周囲はこの結婚に反対していたという。女優を続けたいと考える竹内がはたして梨園の妻を務めることができるのか、と思う人も多かったようだ。

■事務所の先輩・後輩

「竹内は売れ始めた時期でしたので、事務所はこれからだと思っていたでしょうし、獅童サイドも彼女が梨園の妻としてやっていけるのか不安視していました。ですから、周囲の反対を押しのけ、強行突破するための“授かり婚”だった可能性も大きいと言われていました」(スポーツ紙記者)

ところが、結婚生活はわずか3年で破局。

理由は色々あると思うが、決定打となったのは獅童の浮気とも言われている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.