くらし情報『梨花、ブランド全店舗閉店の真相は「強すぎたこだわり」と「経営陣との衝突」』

2019年3月11日 21:00

梨花、ブランド全店舗閉店の真相は「強すぎたこだわり」と「経営陣との衝突」

しかも、全8店舗のうち閉店の日取りが決まっているのは横浜店のみ。ほかの店舗は“年内”としか決まっていないというのも異例といえる。

「それだけ急なことだったということです。撤退の発表が梨花さんのSNSで行われたことからもわかるように、彼女の考えが強かったんですよ」(同・店舗関係者)

店舗のプロデュースをライフワークとまで言い切っていた梨花。ブランドに対して、強いこだわりを持っていたという。

梨花さんは、制作途中で作りたい商品が変わることもよくありました。あとは細部を調整するだけ、というサンプル段階になって、仕様をイチから変えるなんてこともしばしば。“この前と言ってることが違うじゃん”と嘆くスタッフもたくさんいましたね」(同・店舗関係者)

そうしたこだわりが多くの人の支持を得ていたのだろうが、ブランドの経営にとっては妨げとなった部分も。

「利益を上げるために、’16年から一気に店舗を増やしていきました。多店舗展開していくには客層を意識しながら柔軟に商品開発したり、そこで働く人たちの教育など、初めは行き届かないことも多々あります。ブランドのプロデューサーは梨花さんですが、経営していくのはあくまで会社。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.