くらし情報『平成とともに「女子アナは死んだ」! 小島慶子が語る女子アナブームと “賞味期限”』

2019年3月15日 11:00

平成とともに「女子アナは死んだ」! 小島慶子が語る女子アナブームと “賞味期限”

私たちはアナウンス部から“(アナウンサーは)正確な日本語の伝え手。タレントと勘違いしてはいけません”と。世のブームにのってアイドルアナをつくりたい制作部には“キャラを出せ”“天然ボケやれ”と言われ。“おもしろいことを言わなくては”の焦りと“なぜこんなことを?”の疑問のせめぎあい。同期とよく泣いていました」

当時、週刊誌で“女子アナ30歳定年説”がまことしやかに言われていた。

「若さに商品価値がある女子アナは、30歳で後輩に取って代わられるという、すごく女性蔑視的な“説”です。

真に受けて悩んでる若手アナもたくさんいましたが、私は同期の堀井(美香アナ)のおかげで悲観的にならずにすみました。彼女は地に足がついていて、20代前半で人気が出てこれからというときに結婚、出産して育休後、ナレーションやニュースで実績を積みました。

子どもを産んだら第一線を退くのが当たり前の時代でしたが、出産後も働きたいという時代背景もあって、共感を得やすかったと思います」

いまでは出産後も仕事を続ける女性アナウンサーは増え続け、“ママ・アナ”は珍しくなくなった。

■女性アナウンサーも多様化している

小島さんが“歴史的転換”と注目するのは、MeToo運動と連動してセクハラ事件などが一昨年から盛んに報じられるようになったことだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.