くらし情報『伊礼彼方が『レ・ミゼラブル』でつかんだ役「どんな役とも種類の違う高ぶり」』

2019年3月17日 11:00

伊礼彼方が『レ・ミゼラブル』でつかんだ役「どんな役とも種類の違う高ぶり」

まるで実現できなかったもうひとりの自分を見ているような感じなんじゃないかな。そこが鍵。そして最後の選択は、彼なりの“解放”だと思っています。まだまだ追究はこれからですけどね。稽古に入る前、僕はお風呂で歌の練習をしていたんですが、製作発表会見で歌の披露をしたときに、いままで感じたことがないジャベールの決意、誓いみたいなものが初めて見えたんです。だから、これから稽古場で見えてくるものを大事にしていきたい」

伊礼さんの精悍(せいかん)な表情、揺るぎない力を感じさせる歌と演技は、まさにこの役にうってつけだ。

「僕はこの役を、バルジャンの裏側だと思って演じたいと思っています。そうすれば芝居も立体的になりますから。どうしてもやりたくなっちゃうんだけど、自分が前面に出たらイカンぞと(笑)。

いままでどんな作品でも覚悟を持ってやってきましたが、これはどうしても欲しくて自分でオーディションを受けてつかんだ役だから、これまでのどんな役とも種類の違う高ぶりがあるんです。それが責任として降りかかってきているし、この役をやれることに対しての期待と不安が入り交じっています。いまもしゃべりながらどんどん息が浅くなっていく自分がいて(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.