くらし情報『中村倫也、“欲”だけが空回りしていた20代「ずっと生意気で野心家だった」』

2019年3月21日 11:00

中村倫也、“欲”だけが空回りしていた20代「ずっと生意気で野心家だった」

中村倫也、“欲”だけが空回りしていた20代「ずっと生意気で野心家だった」
中村倫也撮影/佐藤靖彦
昨年の朝ドラ『半分、青い。』でブレイクし、現在出演中のドラマ『初めて恋をした日に読む話』では放送後に役名や自身の名前など、関連用語がトレンド入りして1~4位を独占。今、もっとも旬な男・中村倫也(32)が登場!

『日経トレンディ』による“2019年の顔”にも選ばれたが本人はいたって冷静で、

「(旬が去るのは)すぐですよ。油断せずに自分を磨き続けないと、と思っています。それは表現者としてだけでなく、人間としても。今日、明日のことを精いっぱいやるだけです」

と自身に厳しい言葉を向ける。ドラマに映画、さらにCMにと引っ張りダコ。そんな多忙な日々を過ごす中村が、1年半ぶりとなる舞台『クラッシャー女中』に出演する。しかも東京の会場となる本多劇場に立つのは10年ぶりと言い、

「僕は演劇育ちなんですが、本多劇場は僕にとって地元のような存在。思い入れもたくさんあるので、すごく楽しみです」

初共演の麻生久美子とは、昨年発売された雑誌『anan』でグラビアページを飾り、その“密着ショット”が大きな話題に。

所属事務所の後輩でもある菅田将暉のラジオ番組にゲスト出演した際は、リスナーからその濃密ぶりがイジられる事態となったが、

「舞台の情報も発表前だったから、“みんなはまだ知らないけど俺はこれからガッツリ一緒なんだぞ”と心の中で叫んでましたね(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.