くらし情報『土屋太鳳×志尊淳「24歳の今」と「世間から持たれるイメージとの違い」』

2019年3月21日 08:00

土屋太鳳×志尊淳「24歳の今」と「世間から持たれるイメージとの違い」

土屋太鳳×志尊淳「24歳の今」と「世間から持たれるイメージとの違い」
土屋太鳳、志尊淳撮影/伊藤和幸
土屋「昨年、バラエティー番組で一緒になったことはあったんですが、こうやって作品で志尊くんと共演するのは初めてなんです」

志尊「周りのみんながつながっていたから、今まで共演したことがないのが不思議なくらいだよね(笑)。しかも僕たち、年齢も同じで誕生日も近いんですよ」

同い年の24歳、土屋太鳳と志尊淳。爽やかな笑顔を見せるフレッシュな2人が映画『バンブルビー』の日本語版吹き替え声優で初共演!

声優の仕事は映画『フェリシーと夢のトウシューズ』以来2回目となる土屋。一方で、志尊にとって吹き替えは初体験。

志尊「昔から自分の声がコンプレックスだったので、オファーをいただいたときはビックリしました。呼吸のテンポやリズム、息継ぎのタイミングを人に合わせながら言葉を発したことがなかったので難しいところもありましたが、楽しくやることができました」

本作のタイトルでもある“バンブルビー”とは、『トランスフォーマー』シリーズの人気キャラ。ドジで寂しがり屋な反面、優しい心を持っていて誰よりも勇敢……そんなバンブルビーと心を通わす主人公、チャーリーの声を演じた土屋は、彼はまさに“理想の男性像”と明かす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.