くらし情報『ピエール瀧作品は「公開」新井浩文は「公開中止」 芸能界 “自粛ライン”のゆくえ』

2019年3月19日 18:00

ピエール瀧作品は「公開」新井浩文は「公開中止」 芸能界 “自粛ライン”のゆくえ

ピエール瀧作品は「公開」新井浩文は「公開中止」 芸能界 “自粛ライン”のゆくえ
(左から)世間を揺るがす騒動を起こしたピエール瀧容疑者と新井浩文被告
活躍中の芸能人が逮捕されると、必ず言及されるのが各方面に対する影響ならびに損害賠償金の額。

ピエール瀧容疑者の場合も、関係各所はその対応に大わらわなのは想像にかたくない。もともとミュージシャンではあるが、マルチな才能を発揮し、最近では役者としての活躍のほうが目立っている。

出演したドラマや映画は数多く、現在も放送中の大河ドラマ『いだてん』があり、公開予定だった映画は4本。

ドラマは撮影を終えているものに関しては俳優を差し替えて撮り直し、再編集することになるという。問題は映画だ。

ドラマは、スポンサーの関係だったり、誰でも視聴できる状態であるため自粛となるのはわかるが、映画やDVDは見たい人だけがお金を支払って見ることができるモノ。

なぜ、公開延期や発売中止にせざるをえないのか。ひと言でいうならコンプライアンスだ。映画会社も、映画製作に出資している会社も上場している企業が多いから、犯罪者が出演するということがコンプライアンス上、好ましくないということ。

■さまざまな人たちの声が届いて

さらに、シネコンなど商業施設に入っている映画館などでは、ポスターを貼ることができないし、テレビでも予告編を流せず、雑誌に広告を載せることも難しい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.