くらし情報『中森明菜、酒井法子、広末涼子ら「平成お騒がせ美女」の昔と今を高須院長が分析!』

2019年3月23日 12:00

中森明菜、酒井法子、広末涼子ら「平成お騒がせ美女」の昔と今を高須院長が分析!

中森明菜、酒井法子、広末涼子ら「平成お騒がせ美女」の昔と今を高須院長が分析!
(写真左から)酒井法子、広末涼子、中森明菜、のん、石原真理子
31年で幕を閉じる元号“平成”。その間、テレビ放送はアナログからデジタルへ、テレビ至上主義からネットと共存する時代へ……など大きな変貌を遂げてきたが、芸能界もなかなかの騒ぎっぷりだった。

例えば、’80年代にトップアイドルとして揺るぎない地位を築いた中森明菜(53)は、1989年(平成元年)に交際していた近藤真彦の自宅で自殺未遂を起こし、衝撃を与えた。その後も体調不良により2010年(平成22年)に芸能活動を休止、2014年(平成26年)に復帰するが、現在もメディア露出はほとんどない。

’80年代は清純派女優として活躍するも、破天荒な言動で「プッツン女優」と呼ばれた石原真理子(55)。彼女は2006年(平成18年)に自身の恋愛遍歴を告白した書籍を発売、2009年(平成21年)にはかつて不倫交際していた玉置浩二と復縁するが破局。しかも2017年(平成29年)には墨田区内のスーパーで万引きしたとして書類送検、不起訴処分と、平成時代の芸能ニュースを定期的に騒がせた。

’90年代、野島伸司脚本のドラマに出演しブレイク、自身が歌った主題歌がミリオンセラーを記録した酒井法子(48)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.