くらし情報『<ヤバ女列伝>整形を告白した有村藍里、「架純の姉」の呪いを解く道は』

2019年3月28日 22:00

<ヤバ女列伝>整形を告白した有村藍里、「架純の姉」の呪いを解く道は

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。
<ヤバ女列伝>整形を告白した有村藍里、「架純の姉」の呪いを解く道は
整形前の有村藍里(’17年)第19回有村藍里
3月3日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で、タレント・有村藍里が美容整形手術に挑んだ様子が放送されました。

有村藍里は女優・有村架純のお姉さんにあたります。先に芸能界入りし、違う名前で活動していた藍里ですが、2017年に『フライデー』(講談社)で、「朝ドラ女優有村架純の姉」としてセミヌードを披露。そこからバラエティーに進出していくわけですが、同番組で彼女はその際の苦悩について語っていました。

顔写真が出回ることで、容姿を誹謗(ひぼう)中傷され、自分に自信がなくなってしまったこと。人と話をしているときも、「私の顔、気持ち悪くないかな」と考えるようになり、外出することもできるだけ避けるようになっていったそうです。ひとりで家にいても、考えるのは自分の顔のことばかり。ここまで行ったら1度精神科の医師に相談してみたほうがいい気がしますが、いちばん中傷された口元の手術に挑み、成功して、本人の表情が見違えるほど明るくなったわけですから、めでたしめでたしと言えるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.