くらし情報『鈴木奈々、読モ時代に「すっごい悔しかった」思い出と藤田ニコルからの言葉』

2019年3月30日 18:00

鈴木奈々、読モ時代に「すっごい悔しかった」思い出と藤田ニコルからの言葉

鈴木奈々、読モ時代に「すっごい悔しかった」思い出と藤田ニコルからの言葉
鈴木奈々
「“読モ出身”は私の誇り! ギャル時代サイコーでした」

■なりたい職業は“ギャル雑誌のモデル”だった

愛されるおバカキャラとして多数のバラエティー番組に引っ張りだこの鈴木奈々(30)。いまはバラエティータレントとして活躍しているが、8年前まではギャル雑誌の読者モデルとして活動していた。そんな鈴木にギャル文化への思いを聞いてみた。

「ギャルに憧れ始めたのは小学生のとき。雑誌『egg』のモデル“ゴングロ3兄弟”が大好きで、卒業文集の将来なりたい職業に“ギャル雑誌のモデル”って書いていました」

と振り返る鈴木。ギャル願望は成長しても変わらなかった。

「中学生になってからは『Ranzuki』、高校生になったら『Popteen』と、ギャル誌ばっかり読んでました!読モになったのは高3のとき、Popteenモデルだった益若つばさちゃんの握手会に行って、つばさちゃんから直接スカウトしてもらったのがきっかけなんです」

益若つばさといえば“平成が生んだ100億円ギャル”と称されたほどの経済効果を生んだ大人気モデル。鈴木もまた誌面で人気を博したかというと、

「23歳までPopteenに出させていただいたんですけど、人気はずっと真ん中ぐらい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.