くらし情報『新井素子が編んだ女性作家の作品集は、まるで「缶入りのサクマドロップス」』

2019年3月31日 14:00

新井素子が編んだ女性作家の作品集は、まるで「缶入りのサクマドロップス」

本書で初めて読む作品をそんなふうに思ってもらえたらうれしいです。

それから、私は紙の本に触る文化を大切に思っているので、本屋さんでこの本を買っていただけたらとても幸せです」

■ライターは見た! 著者の素顔

3~4年前からスポーツクラブに通いはじめ、現在は月に20日ほどマシンを使ったウォーキングに励んでいるという新井さん。

「はじめは3キロ歩くだけで汗をかいていましたが、今は坂道モードにして1時間で6キロ歩き400キロカロリーを消費しています。長続きの秘訣は、歩きながら本が読めるから。歩き終わった後にストレッチをしたりシャワーを浴びているときの充実感がたまりません(笑)」

PROFILE
●あらい・もとこ●1960年、東京都生まれ。立教大学文学部卒。1977年、高校在学中に『あたしの中の……』が第1回奇想天外SF新人賞佳作に入選し、デビュー。1981年『グリーン・レクイエム』で第12回星雲賞、1982年『ネプチューン』で第13回星雲賞、1999年『チグリスとユーフラテス』で第20回日本SF大賞を受賞。『未来へ……』、『ゆっくり十まで』、『星へ行く船』シリーズなど著書多数。
(取材・文/熊谷あづさ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.