くらし情報『結婚できない “いい年をした” 男女の共通点に「親離れ・子離れ」の呪縛』

2019年3月30日 21:00

結婚できない “いい年をした” 男女の共通点に「親離れ・子離れ」の呪縛

“親離れ”という言葉がありますが、婚活中の30代、40代、50代の中に、これができていない方たちがとても多く見受けられます。また、そういう方の親は、“子離れ”ができていません。
婚活ライターをしながら、仲人としてもお見合い現場に携わる筆者が、目の当たりにした婚活事情を、さまざまなテーマ別に考えてゆく連載。今回は、『いつまでも親離れ子離れできない人たちの婚活事情』です。

結婚できない “いい年をした” 男女の共通点に「親離れ・子離れ」の呪縛
結婚難民になる前に……(写真はイメージです)■県内の男性と結婚してほしい

一夫さん(51歳、仮名)は、九州の出身ですが、都内の大学を卒業後は都内のメーカーに就職をし、そこからずっと関東圏内での暮らしをしてきました。現在は、埼玉に一戸建てを購入し、東京の大手町まで通勤しています。

51歳という年齢ですが、結婚したら子どもを授かることを望んでおり、お見合いを申し込むのは30代後半から41歳くらいまでの女性でした。

ところがアラフォー女性で、“できることなら最後のチャンスで子どもを授かりたい”と思っている方たちは50代の男性は敬遠して、なるべく年の近い男性と結婚をしたがります。それは、稼ぎ手になる男性にできるだけ長い年月働いていてほしいからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.