くらし情報『結婚できない “いい年をした” 男女の共通点に「親離れ・子離れ」の呪縛』

2019年3月30日 21:00

結婚できない “いい年をした” 男女の共通点に「親離れ・子離れ」の呪縛

当人同士がしっかりと関係を築きあい、そこに生まれてきた子どもにたくさんの愛情をかけて育てるなら、その子どもは幸せでしょう。祖父母に認めてもらえなくても、孫は自分を不幸だと感じないはずです。

国際結婚に関しては、本人よりもとにかく親御さんが反対をします。昭和の前半に生まれた親たちの頭の中には、「結婚するなら日本人と」という考えが強く根づいている方たちが多いのです。

そういえば、テニスの大坂なおみさんのお母さまのご両親も、ハイチ系アメリカ人のレオナルドさんとの結婚に大反対をしたとか。2人は反対を押し切って駆け落ちしたそうです。絶縁の時期もあったようですが、今や祖父母にとってなおみさんは“自慢の孫”。お爺さまは、ワイドショーのインタビューで、なおみさんがお寿司好きなことを目尻を下げてお話ししていました。

■42歳男性の実家暮らしの理由
「これから本腰を入れて婚活をしようと思っているのですが、実家暮らしというのは、(婚活に)デメリットになりますか?」

面談にやってきた巖さん(42歳、仮名)が、私に聞いてきました。

実家で暮らしている男性を、よく思わない女性はとても多いのです。なぜなら実家暮らしの男性は、炊事洗濯を母親にやってもらっているために、結婚しても、家事を“女性がやって当たり前”と思っている人が多いから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.