くらし情報『「おとうさんはいつもおかあさんを殴っていました」受刑者が紡いだ詩の向こう側』

2019年4月3日 12:00

「おとうさんはいつもおかあさんを殴っていました」受刑者が紡いだ詩の向こう側

「おとうさんはいつもおかあさんを殴っていました」受刑者が紡いだ詩の向こう側
『写真集美しい刑務所明治の名煉瓦建築 奈良少年刑務所』(西日本出版社)より表門
人生、何が起きるかわからない。一生の中でまさか自分が、刑務所にいる殺人犯や放火犯と深く関わるとは夢にも思っていなかった。

そして、彼らによって人間観のみならず世界観まで大きく変わり、自分自身さえ深く癒されるとは……。

■奈良少年刑務所

ことの始まりは、2005年に長編小説で泉鏡花文学賞をもらったことだった。これを機に、わたしの夢だった「地方都市暮らし」を実行、デザイナーの夫とともに、親類もいない奈良に引っ越した。

まるで毎日が修学旅行のようで、あちこち見て歩いているうちに「奈良には明治の名煉瓦建築がある」と聞いた。それが『奈良少年刑務所』だった。

立派で風格があるのに威圧感がない。まるでお伽(とぎ)の国のお城のように愛らしくて、初めて見た時、息を呑んだ。

奈良少年刑務所は、明治政府が西洋社会に肩を並べたくて国の威信をかけて造った「明治五大監獄」の一つ。中を見たかったが入れず「矯正展」という一般公開日があると聞いて、心待ちにして訪れた。それが運命の分かれ道だった。

驚かされたのは、建物の美しさばかりではなく、展示されていた受刑者たちの絵や詩に目を奪われた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.