くらし情報『新田真剣佑、売れっ子なのに「マネージャーなしで現場入り」する奇妙なワケ』

2019年4月3日 06:00

新田真剣佑、売れっ子なのに「マネージャーなしで現場入り」する奇妙なワケ

新田真剣佑、売れっ子なのに「マネージャーなしで現場入り」する奇妙なワケ
新田真剣佑
《普通に押されて死ぬ》

3月26日の午後、ツイッターにはこんなコメントが続出。この日、東京・原宿の竹下通りは春休みで多くの学生でごった返していた。それに加えて、ある芸能人の目撃情報が流れて、一時はパニック状態となった。

SNS上で“真剣佑が竹下通りにいる”という情報が駆け巡ったんです。そのせいで、竹下通りには歩くのが困難になるほど多くの人が集まってしまい一時、閉店した飲食店もあったようです」(スポーツ紙記者)

新田真剣佑は、アクションスターの千葉真一を親に持つ大ブレイク中のイケメン俳優。

「ロサンゼルスで生まれ育ち、英語はペラペラ。’13年に、映画『パシフィックリム:アップライジング』に出演してハリウッドデビューも果たしています」(テレビ誌ライター)

’16年には、広瀬すず主演の映画『ちはやふる』に出演して、日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。最近では、興行収入13億円を突破した映画『十二人の死にたい子どもたち』で主要キャストを演じて、注目を集めた。

■マネージャーなしで現場入り!?

ただ、真剣佑がその日に原宿にいたという事実はなく、ガセネタだったのだが、ウワサでこれほどの人が集まる人気ぶり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.