くらし情報『Da-iCE大野雄大、歌い始めて14年「焦りを感じてまわりと比べてしまう自分がいた」』

2019年4月4日 19:00

Da-iCE大野雄大、歌い始めて14年「焦りを感じてまわりと比べてしまう自分がいた」

Da-iCE大野雄大、歌い始めて14年「焦りを感じてまわりと比べてしまう自分がいた」
大野雄大撮影/山田智絵
4オクターブの“聴かせる”ツインボーカルと、“魅せる”ダンスでファンを惹きつける5人組Da-iCE。4月1日に30歳の誕生日を迎えたツインボーカルのひとり大野雄大が、ソロとして初のアルバム『この道の先に』をリリース。「いつかアルバムを出してみたいと思っていた」と語る彼にインタビュー。

――表題曲の『この道の先に』は、ご自身で作詞・作曲を手がけられたものですね。

「はい。まだ、アルバムの話もなかった1年半ほど前に作ったものです。疲れているときなんかに口ずさめるような、そんな曲を作りたいなと思って」

――口ずさめるような曲と思ったきっかけは?

「30歳という年齢が迫ってきているなかで、地元の友達や友人は結婚して、子どもが生まれて、家を買ったり、仕事で独立したりしていて。そういう姿を目にしたとき、少し焦りを感じて、まわりと比べてしまう自分がいたんです。

でも、大好きな“歌うこと”を仕事にできていて、ステージに立っているときは、すごく幸せ。だから、比べる必要はない。“自分は自分だから”と、僕自身に向けて書いた、手紙に近い曲です。同じように悩んでいる方も多いと思うので、何かを感じてもらえたらうれしいですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.