くらし情報『「偉大なる普通の人」吉永みち子が、パンダから学んだ “潔い家族論”』

2019年4月13日 13:00

「偉大なる普通の人」吉永みち子が、パンダから学んだ “潔い家族論”

「偉大なる普通の人」吉永みち子が、パンダから学んだ “潔い家族論”
ノンフィクション作家吉永みち子さん
3月初旬の金曜の朝、8時スタートの『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)の生放送1時間前、出演者とスタッフによる打ち合わせが行われていた。台本をもとにその日の流れが確認される。本番前のピリピリしたやりとりの中、素朴な質問を差し込み、場の空気を和らげるのは、番組でコメンテーターを務めるノンフィクション作家・吉永みち子さん(69)。

同番組のコメンテーターをするようになって27年目となる。他局も含め同じ出演者がこれほど長く務めている例はなく、女性レギュラーコメンテーターの中で最年長だ。

競馬専門紙初の女性記者、専業主婦、作家という経歴と多くの経験から発せられる言葉には、神髄をつく鋭さと人の気持ちを酌み取る温かみがある。

■常に弱い人の立場にたったコメント

7時25分、メイクルームへ向かい、本番5分前に台本と筆記用具、座布団を抱えてスタジオ入りした。

「座布団は絶対必需品!2時間全力で聞いていると、前傾で足を踏ん張っちゃうの。腰が痛くなるからね(笑)」

この日のテーマはコンビニオーナーの訴えに端を発したコンビニの24時間営業問題。メモをとりながら話を聞いていた吉永さんが意見を求められて口を開く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.