くらし情報『「偉大なる普通の人」吉永みち子が、パンダから学んだ “潔い家族論”』

2019年4月13日 13:00

「偉大なる普通の人」吉永みち子が、パンダから学んだ “潔い家族論”

司会の羽鳥慎一から意見を聞かれたにもかかわらず、吉永さんはじいっと黙ったままで、“あれ、吉永さん、起きてました!?”とスタジオをひやっとさせたこともある。

「“え、私!?いや、起きてはいるけど、ちょっとこの部分を考えていてね”と(笑)。予定調和ではないですから、真剣勝負の中でふと出てくる人間らしさなんでしょうね。チャーミングな方ですよ!

番組が終わって歩いているだけで、あちこちから声をかけられて、相談を受けたりしています。人としての魅力があるからだと思いますよ」

生放送後、吉永さんはこうつぶやいた。

「コンビニ問題は、家の近くでコンビニを昨秋オープンしたオヤジさんの顔がどんどん暗くなって、店もオヤジさんもヤバいんじゃないかと心配になっていろいろと愚痴を聞いているのと、自分のコラムでもこの問題を取り上げたので裁判記録など調べて詳しくなっていたの」

吉永さんは自分の中で消化しきれていないことに関して、背伸びして発言することだけはしないと決めているという。

「私には何ひとつ専門性はないんですよ。だから生活者の目線で問題に穴をあける立場に徹することにしたんです」

■ふと“死”がよぎった経験

ジャーナリストで日本BS放送取締役の二木啓孝さん(69)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.