くらし情報『「遺言書」の遺産配分に待った! 不満な人は絶対に活用したい “遺留分” とは』

2019年4月19日 22:00

「遺言書」の遺産配分に待った! 不満な人は絶対に活用したい “遺留分” とは

Aさん「つまり、遺言書を書くと逆に遺留分でもめることがある、ということですか?」

日沢「はい。ただし、遺留分とはあくまで相続人に認められた権利です。遺言書による財産の分配が不平等であったとしても、請求するかどうかは本人の自由です」

Aさん「そうなんですね。でもそうなると、やはり遺言書を書かないほうがいいのでは?」

日沢「遺言書を書かなかった場合、財産はすべてを故人不在のなか、相続人同士で話し合って分けることとなりますから、ますます争うリスクは高くなります。遺留分に配慮した遺言書を作成するか、財産の分け方に関して、きちんと理由を示したメッセージ(付言事項といいます)を残すことが重要なんですよ」

■遺留分はどのように計算されるのか

Aさん「先生、遺留分ってどのように計算するんですか」

日沢「はい。遺留分というのは、争っている人同士がお互いに金額を主張しあって決まるものですから、正確な計算をすることは不可能なんです。でも、最低これくらいだと侵害しないかな?というラインをざっくりと計算しておくことは重要です。次の3つのポイントをおさえましょう。

(1)遺留分計算の対象となる財産を知る
日沢「まず、遺留分の対象となる財産を知ることが重要です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.