くらし情報『玉木宏「思ったほどではなかったな」最悪を想定して臨む俳優としての流儀』

2019年4月15日 20:00

玉木宏「思ったほどではなかったな」最悪を想定して臨む俳優としての流儀

玉木宏「思ったほどではなかったな」最悪を想定して臨む俳優としての流儀
玉木宏撮影/伊藤和幸
小説家・真山仁の大ヒットシリーズ『ハゲタカ』スピンオフ作品が原作のドラマBiz『スパイラル~町工場の奇跡~』(テレビ東京系)で主演を務める玉木宏(39)。

「30代のうちにできる役柄は限られると思うのですが、この年齢で、このような社会派の作品に出演させていただけるのはとても光栄です」

■「仕事や人との出会いに恵まれました」

そんな彼が今回演じるのは、下町の小さな金型工場を救うヒーロー的役どころ。

「僕らの仕事でヒーロー的存在を挙げるなら、監督ですね。監督がいつも凛として導いてくれるからこそ、われわれも安心して現場に臨めます」

一見、偶然にしか見えない巡りあわせも必然と受け止め、銀行員から企業再生家に転身する主人公だが、共感する部分もあるようだ。

「若いころはそう思わなかったんですが、年齢を重ねていくうちに偶然はないんだと思うようになりました。だから今まで起こったことは起こるべくして起こり、こうして仕事を続けているのも必然なのかと」

来年40歳を迎えるが、30代はすべてが充実していたと微笑む。

「20代のころ以上に仕事や人との出会いに恵まれていたので、やり残したことはないですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.