くらし情報『“元ビリギャル”本人がぶっちゃける人生を変えた出会い、過呼吸になるくらい泣いた過去』

2019年4月14日 09:00

“元ビリギャル”本人がぶっちゃける人生を変えた出会い、過呼吸になるくらい泣いた過去

な母親で、いつも笑って娘の言うことを否定せずに受け入れてきたそう。特に驚きのエピソードが、死ぬ気の思いで入学した慶應大学を、ある理由により「やめたい」と言い出したとき。

「いま考えるとゾッとします(笑)。当時付き合っていた大学の先輩と別れることになって。たかが大学生の恋愛だけど、そのときは人生のすべてで過呼吸になるくらい泣いて、ああちゃんに“大学やめて名古屋に帰りたい”と打ち明けたんです。すると、“さやかが決めたんなら、それでいいと思うよ”と。ああちゃんが無理して高い塾代を払い、やっとの思いで入学した大学なのに……。そういう人なんです」

そんな“ああちゃん”のように「やさしいお母さん」になることを夢見てきた小林さん。’14年に、大学生時代のバイト先の店長と、出会いから7年にして結婚するも、約4年間で“円満”離婚。この結婚と離婚の経験からも、たくさんのことを学んだという。

「ここを書かずして、この本を作ることはできなかった。前の夫とは今もよき友人です」

ビリギャルの使命を全うするために

ビリギャルは奇跡の話でもなんでもない。誰でも死ぬ気で頑張れば道は開ける、夢は叶うってことを伝えたいんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.