くらし情報『竹内涼真、両親との素敵な関係性「大切なタイミングは一緒に過ごしてくれた」』

2019年4月22日 07:00

竹内涼真、両親との素敵な関係性「大切なタイミングは一緒に過ごしてくれた」

竹内涼真、両親との素敵な関係性「大切なタイミングは一緒に過ごしてくれた」
竹内涼真撮影/森田晃博
「予告編を妹や弟と一緒に“うわっ、楽しみだね~”と見たあとに、日本語吹き替えのお話をいただきました。主人公と聞いて、すぐにピカチュウを想像してしまったんですが、さすがにそれはないだろうと(笑)」

世界中で愛されているポケモンの“ピカチュウ”をハリウッドが初実写化した映画『名探偵ピカチュウ』(5月3日(金)日本先行公開)。ピカチュウを相棒に、失踪した父の行方を追う青年ティムの声を演じるのが竹内涼真(25)。「めちゃくちゃ難しかったです」と本音を漏らした日本語吹き替えは初挑戦だった。

「ちゃんとティムから声が聞こえてくるようにしたくて、いろいろと工夫しました。自分の声そのままだと彼が話しているように聞こえなかったですし、声を変えながら吹き替えをしてみたらキャラっぽくなってしまって。

それは今回避けたいと思ったので、気持ちの部分からティムに寄せていきました。そうすると、自然と声が変わって。収録が終わった自分の声を聞いたときは、ちょっと変な気持ちでしたね。まだ、慣れていないからかな」

ティムの動きに合うようにセリフをつけ足したり、語尾を変えたり、映画のテンションと変わらないように意識したりと、さまざまな試みをしたのだそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.