くらし情報『80歳越えても現役バリバリ! 人生100年時代を生き抜く女性たち』

2019年4月28日 16:00

80歳越えても現役バリバリ! 人生100年時代を生き抜く女性たち

80歳越えても現役バリバリ! 人生100年時代を生き抜く女性たち
本当は仲よし4人娘なのだが、取材日は欠席!
愛知県西尾市のスギ薬局吉良店に、平均年齢75歳の“看板娘”がいる。水村晴美さん(69)・鈴木久子さん(75)・佐藤絹江さん(82)だ。3人とも9時の開店時間前の8時30分に仕事を開始し、平均1時間~1時間半、ときには2時間ほどかけ、配送されてきた補充商品の品出しを行う。

■薬局バイトの“3人娘”が大活躍!

売り場面積300坪という吉良店のような大型店舗では、薬品から酒類、化粧品まで、日におよそ5000点以上の商品が売れていく。言い換えると、毎日5000点もの商品を補充することになる。

3人のようなシニアがいなければ、社員やレジを担当するスタッフが、持ち場を離れて品出しをしなければならない。欠品防止や、売り場の美観維持にも欠かせない、大切な役割を担っているのだ。

水村さんがこう語る。

「この5月で、働き始めて5年目に入ります。ここへ買い物に来たときに、レジをしていた知り合いから“品出しに65歳以上のシニアを募集している”と聞いて、応募しました」

働き始めたきっかけは、鈴木さんも佐藤さんもほぼ同じ。募集チラシや、誘われての応募だという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.