くらし情報『三浦翔平の「もう2度とやりたくない」と「またやりたい」が交差する瞬間』

2019年4月24日 11:00

三浦翔平の「もう2度とやりたくない」と「またやりたい」が交差する瞬間

三浦翔平の「もう2度とやりたくない」と「またやりたい」が交差する瞬間
三浦翔平撮影/佐藤靖彦
アメリカのコメディー俳優、スティーヴ・マーティンが書いた『ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~』は、奇想天外なストレート・プレー。パリのバーで、もしも若き日のピカソとアインシュタインが出会っていたら?という発想のもとに繰り広げられるファンタジックなコメディーだ。この作品で三浦翔平さんが(岡本健一さんとWキャストで)挑戦するのは、若きピカソと未来からの訪問者という2役。一風変わったコメディーは、三浦さんの目にどう映ったのだろう。

■せりふの面白さを稽古場で発見中!

「最初に台本を読んだときはわけがわからなくて。どこが面白いのか、と頭を抱えました。なぜなら、文化の違いという部分が大きい。英語から日本語に訳すとヘンな感じで、説明されて初めて“あ、なるほど”と思うことが多くて。だから稽古をしながら演出家のランディ(ランダル・アーニー)さんとみんなで、どうしたら面白さが伝わるか話し合って、せりふを手直ししました。最初はわからなかったものが、いまは“これは面白い!”と思えるものになっています」

日本公演を2度も手がけたアメリカの演出家、ランディさんの稽古場は「とにかく楽しい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.