くらし情報『草なぎ剛、人生のターニングポイントは19年前「扉を開いてもらった」』

2019年5月3日 12:00

草なぎ剛、人生のターニングポイントは19年前「扉を開いてもらった」

草なぎ剛、人生のターニングポイントは19年前「扉を開いてもらった」
草なぎ剛撮影/伊藤和幸
「昨年、ゴロさん(稲垣吾郎)も京都劇場で舞台をやったので、いろいろとおいしいお店を教えてもらって。“共演者と行くならココがいいよ”とか“デートするならこういうところがオススメだよ”とか。え、ゴロさんデートしてたの?って(笑)。ゴロさんとは食の好みもよく合うんです。教えてもらったお店に、ぜひ行ってみたいですね」

京都劇場でいよいよ開幕を迎える舞台『家族のはなし PART1』で主演を務める草なぎ剛(44)。2つの物語で構成された本作の第1話『わからない言葉』で演じるのは、なんと犬の役!!

「いただくお仕事は拒まずやるんですが、犬役って斬新だなと(笑)。もちろん初めてですし、今後もたぶん犬役はないと思うので、張り切って挑みたいと思います」

役作りの参考にしているのは、もちろん愛犬のクルミちゃんだそうで、

「人との距離感はすごく勉強になります。“なんで今、近づいてきたのかな”とかクルミを飼い始めてずっと気になっていたから、この役をいただいたのもいいタイミングだったなと。役作りも助けられて、もうクルミ様様!!お姫様です(笑)」

共演は小西真奈美つかこうへいさんによる『蒲田行進曲』以来、19年ぶりとなるが、

「久しぶりにお会いしたら、顔も心も全然変わってなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.