くらし情報『吉田沙保里が「かわいい」を磨き始めたら叩く人々、裏にあるヤバい刷り込み』

2019年6月1日 22:00

吉田沙保里が「かわいい」を磨き始めたら叩く人々、裏にあるヤバい刷り込み

さて、みなさんはこういう女性アスリートへの「“かわいい”手のひら返し」、どう思われますか?自分の立場をわきまえないからだ、アスリートらしくしていればいいのに、急におしゃれに目覚めてしまった勘違いヤバ女だからしょうがないと思いますか?

もし、谷・吉田の両アスリートを「調子に乗っている」と思うのだとしたら、それは「プロの理論」にはまりすぎではないでしょうか。

■バラエティーで刷り込まれる価値観

テレビのバラエティーに出る女性は、職業によって人格や行動が決められてしまいます。例えば、オンナ芸人で「私はモテています、リア充です」という発言をする人はほとんどいません。実際の生活がどうかは問題ではないのです。彼女たちはお笑いのプロですから、テレビというショーで、女子アナなどモテる人をやっかんで面白いトークを見せるのがお仕事です。

下に見られているオンナ芸人がかわいそうと思う人もいるかもしれませんが、1分1秒でもテレビに出て名前を売るのが芸能人の仕事だと仮定すると、ある程度、過激にかみついたほうがテレビ画面に映る確率は上がります。女子アナよりも、かみついた芸人側のほうが多く映っていることはよくありますから、まったく損はしていません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.