くらし情報『女子バレー・荒木絵里香、ママアスリートの葛藤「戦う場所と安らぎの場所」』

2019年5月19日 11:00

女子バレー・荒木絵里香、ママアスリートの葛藤「戦う場所と安らぎの場所」

という両親の考え方があり、強豪校には進まなかった。が、180cm超の身長が買われ、中1から五輪有望選手の仲間入り。しばしば東京や大阪へ赴いて強化合宿に参加するようになった。

そこで顔を合わせたのが、同い年の大山加奈さん。後に成徳学園(現・下北沢成徳)高校、東レ、全日本でともに戦い、引退後は一緒にハワイを旅行したほどの親友でもある。

「絵里香と初めて会ったのは中1のとき。東京代々木のオリンピックセンターでした。自分より大きい彼女を見て“こんな子がいるんだ”とビックリしました。中3のときには中学選抜で一緒にプレーしたけど、絵里香の学校は岡山の県大会1回戦負けくらいのレベルで、バレーの技術もそこそこ。それでも飛び級で年上の先輩たちとプレーしていた。私はただただ羨ましかったですね。

絵里香はよく転ぶ選手だったけど、天性の身体能力があって、水泳や長距離走も得意でした。万能型だったことも長く現役を続けていられる秘訣かなと思います」

3学年上の落合真理さん(スポーツ解説者)らのすすめもあって、高校は名門・成徳学園へ進学。父・博和さんの転勤も重なり、一家で神奈川県川崎市に引っ越すことになり、落ち着いた環境でトレーニングに打ち込むことができた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.