くらし情報『【昭和】に生まれ【平成】で婚姻歴がなく【令和】を迎えた男女のリアル結婚観』

2019年5月24日 21:00

【昭和】に生まれ【平成】で婚姻歴がなく【令和】を迎えた男女のリアル結婚観

【昭和】に生まれ【平成】で婚姻歴がなく【令和】を迎えた男女のリアル結婚観
写真はイメージです
誰がネーミングしたのか、人気男性アイドルグループの名前をもじって“平成ジャンプ”と呼ぶらしい。インターネット上の一部で、昭和生まれで結婚が平成をジャンプしてしまった男女を指す。

結婚する・しないは個人の選択だから、昭和生まれの未婚者すべてに当てはまるわけではない。しかし、婚活中の該当者は不愉快に感じることも少なくないのではないか。そんな推察をきっかけに、実際に平成ジャンプしてしまった男女5人の婚活事情と胸の内を聞いた。

■半分、あきらめている

東京都目黒区の池田薫さん(45、仮名=以下同)は約10年前に東北から上京。女優業のかたわら、飲食店のアルバイトなどを掛け持ちして生計を立てている。

「もともと若いころから結婚願望はあまりなかった」

と池田さん。

その理由は、愛情のある家庭に育ってこなかったからだという。父親は酒乱でDVだったため、中3のときに母親と離婚した。

「私も父が大嫌いでした。最後に父が入院していた病院へ母と行くとき、おにぎりを持参して車の中で母が“食べなさい”と言ったのですが、“会って別れてからじゃないと食べない”と言い張ったことを覚えています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.